Skip navigation

夏になるとよく、店頭に大麻(ヘンプ)素材の服が出てまいります。
麻はその見た目からして、日本の湿気のある風土には最適な素材で、通気性がよく、涼しげにみえます。
主に夏によく登場する衣服の素材ですが、衣類はもちろん、靴やバッグなど色々な物に使われています。
ちょっとしわになりやすいものの、汗をかいても吸収がよく、ちょっとラフなその表面の感じがオシャレさを増していると言えましょう。
最近では、アクセサリーとしても人気があるようです。
どうやらこれは昔から大麻〈ヘンプ)が神様に奉るにふさわしい神聖な繊維とみなされていたことから、お守りとして、リストバンドとして利用する方が増えているのだそうです。
元々繊維自体に抗菌作用や脱臭作用があるので、汗をかいても、皮膚にやさしく、ナチュラル志向のかたにはぴったりの素材です。

麻を使った商品

麻は様々な商品の原料として使われている非常に大切な役割を果たしているのです。
種子の部分には、食品でつかわれる麻の実による、豆腐やパスタやハン バーグや、スナック菓子、あとは調理に使うクッキングオイルやドレッシングの調味料、生活用品は皆さんには必要な商品になり、例えば、石鹸・シャンプー・化粧 品でも使われております。
女性には必要なマッサージオイルの成分や、アルコール燃料やペンキの燃料などは、世の中にとっては大切な商品ですね。
茎や枝の部分は生分解性プラスチックペット ボトルも使われてます。
非木材パルプには貴重な紙の繊維として洋服にも使われております。
建築材料にも活躍をしています。
不燃ボードなどには麻の成分が入っています。
茎や花の部分では嗜好品はビールやワインのアルコール飲料や、医療では、緑内障や喘息や鬱病や食欲減退などの医薬品にも必要になります。
栄養がある肥料土壌の活性化や漢方茶では麻根茶などにも、見えないところで活躍をしています。