Skip navigation

大麻(ヘンプ)と言う言葉を聞くと、若者が悪の道に進んだ時に使用するような、良からぬイメージをお持ちの方もあるかも知れませんね。
しかしそれは大麻(ヘンプ)の毒性に目を向けているからであって、正常な使い方をすれば、医療分野で活躍できるほどの優れものだと言われています。
人間はひどいショックを受けた時に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を起こすことがありますが、これを緩和させることが出来ますし、最近問題になってきているADD(注意欠陥障害)や、ADHD(注意欠陥行動障害)といった精神傷害にも効果が認められています。
さらに喘息でお悩みの方にもおすすめですし、緑内障やガン患者の緩和ケアなどにも役立つので、これからの医療分野において、大麻(ヘンプ)が積極的に取り入れられるようになると良いですね。

身近で魅力ある大麻

最近はさまざまな新素材により、四季折々の季節を快適に過ごせるようになったと思います。
しかしながら、一方でアレルギーなどの問題も多く、昔ながらの素材の大切さもあらためて感じることが多くなったように思います。
その中でも私が注目しているのは「大麻」です。
大麻(おおあさ)は古代エジプトでもすでに衣料に利用され、また日本でも古くから利用されているものです。
よく知ることろではやはり衣料、そして燃料や製品の原材料などにまで利用されているものです。
個人的にはアクセサリーが大好きです。
ヘンプアクセサリーの本は探してみると意外に多くその種類もさまざまです。
また衣料についても実際に着てみるとその快適さは他にはありません。
夏を涼しく過ごすアイテムとして欠かせなくなっています。
古き良き素材「大麻」を見つめ直し、ぜひあなたも生活にとり入れてみてはいかがでしょう。
その快適さに驚き、そして欠かせなくなるはずです。