Skip navigation

にわかには信じられないような不思議な話があるのですが、広島に原爆が投下され、多くの方々が被爆した出来事は日本人なら誰もが知っていることだと思います。
ところが、原爆から至近距離に居たにもかかわらずとくに大きな怪我もせず、長生きされた方がいらっしゃいます。
被爆して命を落とした人といったい何が違ったのでしょうか?それはその時着ていた衣服の材質にあるのかもしれません。
無傷の人はそのとき「大麻の服」を着ていました。
どうもそれが被爆の有無につながったらしいのです。
「放射能汚染」が声高に叫ばれる我が国に於いて、このような事例はまことに興味深いものであるに違いありません。
免疫力や殺菌力も期待できるこの繊維に今後注目が集まりそうですね。

大麻(ヘンプ)を製品化したものが、こんなにもあるとは知りませんでした

大麻という言葉を耳にすると、不快感を感じる方も多いでしょう。
私もそう感じてしまう一人なのですが、実は、大麻(ヘンプ)と人間の関係は、古くから、そして生活に役立つ存在として大きく関わってきたそうです。
大麻(ヘンプ)の持つ特徴を活かして、現在でも様々な物を製品化しているそうで、例えば衣服に用いますと、通気性が良い特徴をもったものとなります。
ここ最近、温暖化が進み、夏だけでなく他の季節でも暑さに苦しむ期間が長引いてきた事を考えますと、こうした特徴を持つ衣服は、快適な生活を送るに欠かせないものとなるでしょう。
その他にも、枕カバーも同様の特徴を活かした製品ですし、大麻(ヘンプ)の持つ古代のパワーを身に付けることができるブレスレットやネックレスなども販売されています。
もちろん産業用として用いられているので、安全性は確かなものとなっています。